スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
web拍手 by FC2
卓上織機ハマナカ オリヴィエで「春のストール」

参考にした本
ただの平織りなので、特にありません。

素材
経糸・緯糸 共通:
プレミアムコットン / 毛糸ピエロ ※白、ピンク、アクアグリーン、キャンディグリーン

緯糸:
たぶん綿ブークレ / アヴリル

感想
今回、たて糸はすべてプレミアムコットンでしたが、少しはりがあるのか、結んでも結んでも、糸が緩んできてたいへんでした。
いつもの蝶結びは無理だと途中であきらめて、なんと今回は固結びにして織っています。
最後、ほどくのがちょっと面倒だろうと思いましたが、もう絶対無理なので仕方ありません。
でも、ほどけやすいだけあって、目打ちをくっと差し込むと、固結びのわりには簡単に解けました。
出来る限り長く織りたかったので、私はほどきましたが、たて糸に余裕があれば、フリンジ分をあけて織れば、切ってしまえるので、楽だと思います。

糸の色については、はじめ届いたときは、失敗したかなと思いましたが、織ってみるとさわやかで、きれいなストールができたなーと思っています。
スケスケなのが、これからの季節にぴったりという感じでうれしいです。
結べない この少しはりのある糸のおかげで、さらに、さらっとした春夏仕様のストールになっている気がします。

少し前に買ったものなので、記憶はさだかではありませんが、よこ糸に合わせたもう一種類の糸は「綿ブークレ」だったと思います。

フリンジは、ネクタイ結び。
いつもねじってますが、ほどけそうだし、たまには趣向をかえてみました。
スポンサーサイト
手織りに挑戦!
web拍手 by FC2
コットンフレンドVol.50(2014春号)より「バネ口ギャザーポーチ」

パターン
コットンフレンドVol.50
「バネ口ギャザーポーチ」より

素材
表地:リンネル付録「バッグ」のリメイク、11号帆布
内布:コットン
ほか:ダイソーのバネ口金12cm

感想
接着キルト芯を買いに行くのが面倒で、キルティングでいいかと試してみました。
しかも、うちにはキルティングもなかったので、雑誌の付録のリメイクです。

結論から言うと、キルティングだとダメですね。。。
縫い代にはキルト芯を貼らない仕様でしたが、キルティングだとそうもいかないので、縫い代がごわついてバネ口の締りが悪いように思います。

でもまぁ、見た目はかわいくできたので、すでに使っています。
次に手芸屋さんに行くときには、大きなバネ口金と接着キルト芯を買い込んでこようと思います。

前回少し触れた型紙ですが、4cm小さくした寸法は正しかったようで、無事きちんと出来上がりました。
本のパターンから「縫う」
web拍手 by FC2
ダイソーの手芸用品「バネ口金」

感想
ここのところコットンフレンドが続いていましたが、これも春号に載っていたバネ口金のポーチを作ろうと思って用意しました。
なんと、105円で2本入り。
とってもお買い得ですが、一番大きなものでも12cmしかありませんでした。
(たしか8cm、10cm、12cmがあったと思います。)
もう少し大きなものが欲しかったのですが…。残念。
1本入りでいいので、売って欲しいなー。

本では、14cmと17cmの口金だったので、型紙も縮小しておきました。
14cmと17cmの型紙のサイズが6cm違いだったので、14cmの型紙から4cm内側で線を引き直しています。

早速作ろうと思ったのですが、接着キルト芯が必要だというのを見逃していて、お預け状態です。
でもバネ口金は初挑戦なので、今から作るのが楽しみです。
うまく作れたら、大きな口金も買ってきたいな、と思っています。

ダイソーの手芸用品
web拍手 by FC2
コットンフレンドVol.50(2014春号)より「白いプルオーバー」

パターン
コットンフレンドVol.50
「白いプルオーバー」より

素材
表地:ブロード / ユザワヤ
ほか:リボン

感想
本では、白のリネンで作ってありました。
白のブロードだと、作業着っぽくなるかと思いましたが、意外と好きな感じです。

これは一番簡単かと思いきや、袖付けに苦戦しました。
普通にあわせると、長さが全く合わず、間違いかと思いましたが、パターンを信じて、キセとして処理しました。
つまり、荒ミシンでギャザーを寄せてから、がんばってギャザーが出ないように合わせています。でもいざ出来上がると、けっこうキレイに出来たので、拍子抜けしました。手順にはありませんでしたが、私は荒ミシンがポイントだと思います。

それほど着心地がいいとは思わないデザインですが、シルエットはきれいですし、ポケットもかわいいので、気に入りました。それに、真っ白のブロードはなんだか着ていて気持ちがいいなーと思います。

変更点ですが、3箇所あります。
1.雑誌の着画は、ポケットがあまり見えていなかったので、1cm内側に移動。

2.もう1つは、五部袖を長袖に。
五部袖の方がすっきりかわいいかもしれませんが、生地に余裕があるときは、長袖を作っておきたいんですよね。

3.作業着予防に、一部のステッチをグレーにして、少しカジュアル感を出してみました。
が、写真では全くわからないですね…。
ポケット口と、袖口、裾のステッチがグレーになっています。
※それにともない、ロック二つ折りを、三つ折りに変えています。

コットンフレンドは、前回のピンタックブラウスもかわいかったですし、想像していたよりも好きなものがありました。もっと早く買ってみれば良かったです。ただもうひとつくらいボトムが載っていてもいいのになーと思いました。

本のパターンから「縫う」
web拍手 by FC2
コットンフレンドVol.50(2014春号)より「ピンタックブラウス」

パターン
コットンフレンドVol.50
「ピンタックブラウス」より

素材
表地:UV CUT コットン シングルガーゼ / 手芸センタードリーム

感想
はじめてコットンフレンドを購入しました。
とにかく簡単にできるように考えられたレシピだなーというのが感想です。
でも意外と見劣りしないように思いました。

ひとつのパターンをいくつもアレンジしてあるので、参考になるという人と、パターン数が少ないという人で、意見が分かれそうですね。

他にも試してみたいものが載っていたので、いくつか今シーズンの春夏用に縫ってみたいと思っています。


今回使用した生地は、CHECK&STRIPE みんなのてづくり「ギャザーの巻きスカート」で使用した生地の柄違い。
ここには掲載していませんでしたが、たまねぎ工房さんの「タオ」を縫った余り地でした。

実は、少し足りなかったので、裾が少し短いです。
4cmくらい足りなかったので、縫い代3cmのところ、縫い代1cmで縫いました。
2cm短くなったということですね。。。
でも着用しても特に気になりませんでした。
本のパターンから「縫う」
web拍手 by FC2
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。