スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
web拍手 by FC2
お気に入りの道具/ロータリーカッター

上:ステンレス定規 15cm
左:Fiskars ロータリーカッター 45mm
右:OLFA ロータリーカッター 45mm

昔は、裁ちばさみでカッティングを行っていましたが、縫代つきの型紙をロータリーカッターでガーッと切る方が、早くて正確に切ることができるので、今はロータリーカッターを愛用しています。
ただ、ガーッといくと、たまに型紙まで切ってしまっていることがあるので、要注意ですね。

難点は、45mmを使用しているので、小回りが利かず、急カーブだとカットしにくいところと、ジャストで切り終われないところです。

小回りについては、はさみでも同じようなものなので、デメリットというほどでもありませんが、角は、どうしても切りすぎてしまうので、少し手前で手を止めています。
その後、裁ちばさみでカット。

大きなカッターマットがあれば、生地も動かさずにすむので、より正確です。

定規を使用する際は、プラスチックだと削れることがあるので、ステンレスなどの固い定規を持っていると便利です。個人的には、クロバーから最近新しく発売されたステンレスエッジ付の定規が便利そうで気になります。

あと、28mmのロータリーカッターも!
とっても気になります!

メーカーについてですが、2種類使ってみて、私はOLFAの方がお気に入り。
持ちやすさは同じくらいですが、Fiskarsのロックボタンが、使用中に時々手に当たることがあるのと、OLFAは、近くのホームセンターで替刃が購入できる点が魅力だと感じているのが理由です。
替刃は気軽に購入できる方がやっぱり便利なので。
でもこれは、お住まいや手の大きさによって、好みに個人差が出るところですよね。
スポンサーサイト
道具の話
web拍手 by FC2
たまねぎ工房より「Wilma/ウィルマ(指穴プルオーバー)2」

1着目
3着目

パターン
たまねぎ工房「Wilma/ウィルマ(指穴プルオーバー)」」より

素材
表地:接結ジャガード / ストロベリーコットン ※売り切れです。
ほか:ダイソーのフロッキーシート

感想
2wayポンチョの余り生地で作成しました。
ただ反対側の面を使用したので色が違います。
以前、白のフリースでウィルマを作ったところ、すぐに袖口などが黒ずんできたため、今回は裏のベージュの面を使用してみました。裏といっても、たぶん、どちらも使えるタイプだったかと思います。

指穴はあまり使用していないので、今回は省略しました。
生地がぎりぎりだったため、ポケットがひとつ分(しかも少し小さめ)になったのが、少し残念です。

今、着ることができるあたたかい部屋着が欲しかったのですが、少し生地が薄いかな。
やはりフリースの方が暖かそうです。

スチームで落ち着かせましたが、ポケット口が少し波打ってしまったので、薄手の接着芯を貼っておけばよかったかな。
生地がかなり伸びやすかったらしく、そういった生地の場合は、接着芯があった方がきれいかと思います。

右胸にダイソーのフロッキーシートを付けてみました。
ワンポイントあるとかわいいですね。
市販のパターンから
web拍手 by FC2
卓上織機ハマナカ オリヴィエで「裂き織りマット」

参考にした本
ただの平織りなので、特に何もありません。

素材
縦に長く残っていたコットン生地
余っていた合細かもう少し細めのウール糸

感想
ただの平織りで特に何の特徴もありませんが、短く作ったフリンジがお気に入りです。

裂き織りは、糸が太くざっくりした織りになるので、織り始めと終わりに、細めのウールを3段くらい入れました。こうしておけば、万が一、フリンジがほどけても、すぐに全体がばらけてしまうことはないかと…。
カバーとして使用するため、気軽に洗濯やすいように(洗濯でフリンジがほどける危険があるため)、という理由です。

裂き織りの場合、なぜかいつもシンプルに作ってしまうので、次は柄を入れて織ってみたいなーと思っています。
手織りに挑戦!
web拍手 by FC2
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。