スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
web拍手 by FC2
filerより「ドロストブラウス」パジャマ アレンジ

パターン
filer / ドロストブラウス

素材
表地:休日のプルオーバー パターンセットの生地
ほか:ボタン 大1個:rollo神戸 小6個:古着からの再利用

感想
休日のプルオーバー セットの生地は最初から使用するつもりがなく完全に在庫化していましたが、肌触りの良いやわらかな生地だったので、パジャマ用に使ってみました。ただ、市販のパジャマパターンだと5m近く必要で、トップスとボトムを作るとあきらかに足りないため、手持ちのパターンからなんとか流用できそうなものを探しました。

このドロストブラウスの型紙は、だいぶ前に一度だけ作りましたが、手作り感が出てしまいイマイチ気に入らず、以来そのままになっていたパターンです。原因は、技術力不足か、生地選びか、パターンか。。。

カッティングはボトムを優先したので、こちらは前開きになりました。
変更点は、
●身頃裾 3cm(1cm+2cm)
●袖口 カフス省略 3cm延長
●後ろ襟ぐり 後ろボタン省略 輪裁ち
●前襟ぐり 身頃前たてに合わせて延長
●前身頃 センター前たて分3cm延長(1.5cm+1.5cm)

袖口はゴムを通すつもりで、ゴム通し口を作っています。
身頃裾も、細い紐を通すつもりで、前たての位置に紐通し口を作ってありますが、なんとなく必要ないように感じて省略。

これは、デフォルトで作るより好みの雰囲気になりました。
この袖口では外出着にはなりませんが、そこだけ仕様書どおりにすれば、かわいい外出着ができるかもしれません。
また作ってみようと思います。
タックや縫製が雑になってしまったので、今度はもっとていねいに作らなければ…。

着てみた感想ですが、パジャマにしては、袖ぐりがややせまい気がします。
(当たり前ですよね。)でも着られないほどではありませんでしたので、一応着用予定です。

ボトムもすでに縫製は完了していますが、ゴムがなかったため、まだ未完成。
こちらは手持ちの本からアレンジしました。
スポンサーサイト
市販のパターンから
web拍手 by FC2
絵本の国からやってきた 動物たちのぬいぐるみの会「ロバの王子」

パターン・素材
フェリシモのキット / 絵本の国からやってきた 動物たちのぬいぐるみの会「ロバの王子」 より

感想
耳まで入れて14.8cmでした。
想像より小さいかな。
でもこのサイズ感がかわいいと思います。
もう少し小さければ、バッグチャームになりそう。
ただ、これ以上小さく作るのはちょっとたいへんそうですね。
これも思っていたより、だいぶ難しかった。。。

洋裁だと難しい箇所は、カフスとか、襟とか、ボタンホールとか、人によって色々あると思いますが、多くて1~2箇所くらい?でも私にとって、これは難しいポイントだらけでした。
鼻先や足は、生地が切り替わるので位置を合わせないといけませんし、仮止めしていても、耳は ずれるし、足は細くてひっくり返すのもたいへん。記載はありませんが、いせたりも、ありますよね。端からあわせると合わなかったので。目や鼻、口の刺しゅう。意外なところで、綿を詰めるのも難しかったです。
ナカナカきれいにならなくて。
あと手縫いで、端から5mmを縫うっていうのも、けっこう難しいんですね。
普段ミシンのガイドにあわせるので、考えたことなかったな。
結局、ミシンで縫えそうなところは、糊で仮止めして、ミシンで縫ってしまいました。
おかげで、そこの縫い目はとってもきれいですが…。

このキットは最近の新しいカタログで始めて知りましたが、newマークが付いてなかったので半年前にはあったんですね。
一度ぬいぐるみを作ってみたいなと、ひそかに思っていたので、カタログを見て迷わず頼んでしまいました。ひとめぼれです…。

検索すると、皆さん、どうやら、長靴を履いた猫から届いているようですが、私はロバからでした。
たいへんでしたが、楽しかったので次も頼もうかな、と思います。
何よりかわいいし、達成感もありました。
デザイナーの原優子さんの著書「絵本の国のぬいぐるみ」にも興味津々です。

ちなみに約7時間とありましたが、たぶんもっともっとかかっていると思います。
我ながらトロイです。
本のレシピ&キット
web拍手 by FC2
アルファベットの刺しゅう手帖「アニマル-H/R/S/M」より

パターン
アルファベットの刺しゅう手帖 / 千葉美波子

素材
刺しゅう布:帆布
裏地:コットンはぎれ
ほか:刺しゅう糸

感想
刺しゅうの練習に「アルファベットの刺しゅう手帖」という本を買ってみました。かわいい本はたくさんあって、どれを買うか悩みましたが、ラフに刺してあって、初心者にもできそうに見えたのでこの本をチョイス。

まだたった4つですが、少しだけ上手になりました。ほんの少し。
一つ目は「H」、本当にひどい出来です。
糸選びもイマイチ。

でもせっかくなので穴を空けてキーホルダーに仕上げようと思い、アルファベットを刺しゅうした後、円形にカットして、まわりをかがりました。
ボタンホールステッチというのかな?
ただ、穴を空けるスペースのないものがありました。。。
困りましたね。ブローチか、両面テープをつけてラッピングに利用するか。。。
※ひとつのサイズは6cm弱くらいです。

はじめフェルトに刺しゅうをする予定で購入してありましたが、図案が写せず、手近にあった帆布を利用しました。枠がなくても縫い縮むことなくできたので、道具のない初心者や、はぎれの有効活用にも良いかもしれません。ただ、生地が硬すぎると針が通らないので、はじめに確認しておく方がいいと思います。

刺しゅうは、ものすごく時間がかかってたいへんだと思っていましたが、やってみると想像していたほどではありませんでした。楽しかったので、もっとうまくなれるよう、またトライしたいと思います。
本のレシピ&キット
web拍手 by FC2
オーダーメイドスカート Skirt入門「ヨークスカート」より

ヨークスカート2
ヨークなしアレンジ1
ヨークなしアレンジ2

パターン
オーダーメイドスカート Skirt入門 / 水野佳子 / 文化出版局
「ヨークスカート」よりアレンジ
※楽天ブックス売り切れ ※アマゾン中古品はこちら

素材
表地:古いワンピースのリメイク
裏地:キュプラ
ほか:コンシールファスナー

感想
以前作ったものです。
なぜか春夏の雨の日専用服みたいな感じになっています。
柄のせいか、生地のせいか…。それとも両方か。
雨っぽい柄に感じますし、ナイロンぽい素材で濡れても良い感じがするので、つい着てしまうのかもしれません。

表地は、とっても古いワンピースのリメイク。
自分のではなく、もらい物ですが、いつのまにか存在していて、いつからあるのか記憶にありません。
なぜかアイロンをかけると、化粧品のようなにおいが…。

膝上丈で細身のワンピースだったので、そのままだと生地が足りず、後ろ中央でつなぎました。
でもぱっと見目立ちませんし、後ろファスナーのスカートは多いので、違和感はないように思います。

このパターンは、トップスを選ばないシルエットで、とても便利。
本の参考写真はわかりにくいのですが、型紙自体は使いやすい良い本ですね。
オーソドックスなデザインだとやっぱり使いやすいですし、リピートも多くなります。
もうずっと品切れになっているので絶版なのでしょうか。もったいないです。
本のパターンから「縫う」
web拍手 by FC2
裂き織りのトートバッグ

パターン
特にありません。

素材
表地:古い着物地を使用した裂き織り
裏地:コットン
ほか:牛革、角カン、コバコート 焦茶(革の切り口仕上げ剤)トコノール 無色(革の裏面処理剤)

感想
年配の方へのプレゼント用に作ったものです。
織ったあと水につけたら、洗っても洗っても黒い液が…。
色の濃い古い生地は、色が出やすいので危険ですね。
でも、もう織ってしまったので、そのままカバンに仕立ててしまいました。

もちろん、かなり洗いましたが、やはり色移りが気になるので、「水濡れと雨の日は気をつけてね。」と言って渡しました。。。
乾いた状態では、色がついたりしないようですが、水に濡れるとだめなようです。
どうも切り口から色がでてくるような気がします。

迷惑なプレゼントですね。

生地は、40cmの卓上織り機の横幅いっぱいを使用し、織りあがった生地に合わせて、カバンに仕立てました。
手織りに挑戦!
web拍手 by FC2
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。