スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
web拍手 by FC2
卓上織機ハマナカ オリヴィエで「マフラー」

素材(横糸)
A508 毛(メリノ)100%(防縮ウール)糸 / 毛糸ピエロ
※草木染・手染め向け 生成り糸

トビモール / アヴリル

感想
ただの平織りマフラーですが、ランダムにファンシーヤーンを入れました。単純な平織りでも、ふわふわのスラブ糸とアヴリルのかわいい糸のおかげで品良くかわいいものができあがったかな、と思います。(トビモールは一段一段切って処理しています。)

反省点は、防縮とはいえ、ウールと、ポリエステル糸の縮み方の違いを考慮していなかったことです。
ポリエステルはおそらく全く縮まないので、縮絨すると、トビモールがところどころ、もたついてしまいました。仕方がないので、かぎ針で調整しましたが、かなりめんどくさかったです。

※詳細は忘れましたが、縦糸もウールです。
スポンサーサイト
手織りに挑戦!
web拍手 by FC2
クライ・ムキのLaLaLa2 ロックミシンの基礎より「ラグランパーカー」

2着目(ジップアップブルゾンにアレンジ)

パターン
クライ・ムキのLaLaLa2 ロックミシンの基礎 / クライ・ムキ /日本ヴォーグ社

素材
ニットキルト:ユザワヤ 実店舗

感想
3着作りました。これは3着目です。
接結指定だったので、1着目は接結で。ぴったりフィットできれいなシルエットでした。
2着目は鹿の子だったのですが、接結より伸びない生地だったみたいで、ちょっときつめに…。
このニットキルトは、接結に近い感じですね。

ラグラン袖なので、縫製がしやすくお気に入りの型紙です。
なので、フードを襟にして、前中心にファスナーを付けたバージョンも作ってみました。

裾や手首にカバーステッチを使う手順ですが、うちではできないので、普通にミシンで縫っています。レジロン(伸縮素材用の糸)でもなく、ジグザグにもしませんでしたが、糸が切れたりとかはしなかったです。(すでにヘビロテしてますが1度も切れていないです。)
本のパターンから「縫う」
web拍手 by FC2
ブックレビュー「天然素材で編むかごバッグと帽子」

天然素材で編むかごバッグと帽子 / リトルバード / 成美堂出版

アイテムリスト(名前は適当につけています。)
A 定番トートバッグ
B マルシェバッグ
C-1 中折れハット
D つつみ編みのバッグ
E ワンショルダーバッグ
F フリンジつきのバッグ
G うね編みのギャザーバッグ
H 模様編みとピコットの帽子
I Rのアレンジ帽子
J スカラップとウッドビーズのバッグ
KL 球形のバッグ(大と小)
M グラニーバッグ
C-2 C-1のアレンジ
N 丸ハンドルのバッグ
O パーティバッグ
P クローシュ
Q 四角モチーフのバッグ
R 黒いリボンの帽子
S 花のコサージュつき帽子
T 丸ハンドルボーダーバッグ
U ワンハンドルのバッグ
V マリンハット

レビュー
まだすべて出そろっていない時期だと思うので、買うには早いかとも思いましたが、1冊だけ購入しました。本屋さんで惹かれたのは、ジャンルの違う本、3種類です。

毎日の心地よい服
毎日の心地よい服 when wrapped in tendernes / 櫻井悦子 / 文化出版局

普段づかいのかわいいバッグ
作りやすくてかんたん-普段づかいのかわいいバッグ / くぼでらようこ / 日本ヴォーグ社

すごく迷ったのですが、結局「天然素材で編むかごバッグと帽子」にしました。
決め手は何だろう。

ソーイングのバッグは無料でも比較的入手がしやすいからかな。
服は市販のパターンで作っていないものがあるからかな。
でも載ってた服は、ガーゼのお洋服がメインで、色使いもやさしく、どれも着心地が良さそうだったし、布バッグも作ってみたいものがたくさん載っていました。

▼左のバッグが一番編んでみたいと思ったものです。
ブックレビュー「天然素材で編むかごバッグと帽子」

▼このカタチ好きです。サンアルシデ風ですね。
ブックレビュー「天然素材で編むかごバッグと帽子」

▼右のバッグなら在庫の糸をかき集めて編めそう。
ブックレビュー「天然素材で編むかごバッグと帽子」

帽子も好きなものがありました。
でもエコアンダリアでバッグを編んだことがないので、まずバッグを編んでみたいです。
web拍手 by FC2
無料パターンから「鎌倉スワニー寸法図NO.3053 / トートバッグ」1

2個目
3個目
4個目

パターン
鎌倉スワニー寸法図NO.3053
※無料パターンといっても、購入特典の型紙です。
鎌倉スワニーさんで1000円購入ごとにもらえるパターンのひとつ。

素材
表生地:Rollo Stock
持ち手の牛革:東急ハンズ
その他:コーデュロイバイアステープ、花柄コットンローン(内布)、マグホック

感想
鎌倉スワニーさんで生地を買ったとき、せっかくだからもらってみたパターンなんですが、けっこうかわいかったです。マグホックは、直接バッグにつけると閉じにくそうなので、内側にタブをつけています。

「きちんとバッグ」になるように、持ち手は牛革にしてみました。
(真ん中の部分は、キルティングベストを作った時の残りのコーデュロイバイアスです。)
ミシンでは縫いにくそうだったので、持ち手はぐるり一周ブランケットステッチで手縫いしています。そんなに硬い革ではなかったのですが、穴を開けず直接縫ったので、手がちぎれるかと思いました…。生地も硬かったんですよね。ペンチを使って縫うといいそうですが、狙ったところを刺すのが難しそうですね。

生地は、少し毛足があって凹凸した、ちょっと硬めの変わった素材です。
表生地がかなり硬めなので、裏ははぎれで余っていた薄手のコットンにしました。
ただ見返し部分は、表生地と同じ素材で作って切り替えています。

サイズは、手持ちのインナーバッグ(無印良品のやつです。)に合うよう計算して縮小しました。
※確かMサイズを少し縮小
無料のパターンを使おう!
web拍手 by FC2
けいとこものより「フリンジつきネックウォーマー」

2枚目

編み図
けいとこもの / 雄鶏社
※雄鶏社の本は購入が難しいかもしれないので、興味のある方は古書か、図書館で探してみてください。

素材
ソフトメリノ極太 / 毛糸ピエロ

感想
これも母の手によるもの。
そして、私がもらいました。

これは、自分で編んだものよりお気に入りです。
めちゃめちゃぬくくて、一番使用頻度が高い。
コートの上にしても下にしても、あわせやすくて本当に重宝してます。

編み方に特徴があるらしく、はじめ理解するのに手間取っていました。
そして、間違えると修正するのが難しいようで、何度かほどいて戻ってたかな。
でもちゃんと説明というか、アップ図があるから、よく見ればわかる、と言ってました。

ほどいたり、手間取っても、極太なので、あっという間に出来上がってましたよ。
本の編み図から「編む」
web拍手 by FC2
無料パターンから「Senjyuさんのオリジナル長財布」

無料パターンから「Senjyuさんのオリジナル長財布」

パターン
Senjyuさんのブログ / 長財布
※無料で配布されているパターンです。

素材
端革:神戸リザード
リネン:Rollo Stock
レース:Rollo 神戸店
コットン:近所の手芸屋さん

感想
大きさ、ちょうど良かったです。
私は、外側のカードポケットはやめて、一番奥(背面)側のマチなしの箇所に1シート分(カード6枚)増やしました。

難度★3とありますが、小銭入れのところが、本当に難しかったです。
カーブのファスナーと、小銭入れの中の仕切りポケットが縫いにくくて、難度かやり直しました。

布財布があまり好きではないので、外側は牛革を使用しましたが、布帛とほとんど同じ手順で作っています。違うのは、牛革と内側のリネン生地を、フタをかぶせた状態できれいに合わさるように、むらなく伸ばした瞬間接着剤で貼りあわせたところでしょうか。接着剤がひびかないように、内布はわりとしっかり目の生地に薄手の接着芯をはったものを使用しています。

すべてのパーツを革にすると、薄く漉いたりしなければなりませんが、外側だけなら特に薄くする必要はないので楽ちんですね。
レースでくるんでいるので、コバの処理もなしです。いちおう、裏だけ処理をしておきました。
無料のパターンを使おう!
web拍手 by FC2
無料パターンから「RinGaro♪さんのレギンス」

パターン
RinGaro♪さんのブログ / 大人レギンスの型紙
※無料で配布されているパターンです。

素材
昔買った在庫ニットと裏毛

感想
「趣味で作成したもの」とのことですが、とても着心地よくできました。
しかも、縫うところが少なくてすごく簡単。
とってもうれしいです!しかも無料だなんて!
RinGaro♪さん、ありがとうございます。

部屋着用に1着は裏毛で作りましたので、パターンに案内があるように、縫い代部分に1cmづつ足しました。丈も30cm延長。まず足首サイズを決めて、ヒップラインから、膝あたりがピークにくるよう、ゆるやかに広げました。

でも裏毛にしては、やわらかめで比較的伸びやすい生地です。
裾は、ロックミシン、二つ折り、ジグザグステッチ。
ウエストは、リブ生地を使わず3cmプラスして、裾と同じく、ロック二つ折り+ジグザグステッチです。

30cmも延長したので、裾で少しクシュクシュできるかなと思ったのですが、膝のゆとり分に消えてジャストフィットでした。ちなみに私の身長は163cmです。参考になれば…。

余談ですが、私の部屋着は「たまねぎ工房さんのウィルマ(ワンピース丈に延長)」とこの「レギンス」を複数作って着まわしています。あとボトムはローテーションに1着、filerさんのトレンカレギンス キットが入っています。こちらは縫うところがいっぱいなのでちょっと面倒ですが、かわいいのでお気に入りです。
無料のパターンを使おう!
web拍手 by FC2
お気に入りの道具(仮止め)「KARISMA/キルト用スティックのり」と「フジックス/熱接着糸」

KARISMA/キルト用スティックのり
フジックス/メルター/熱接着糸

この二つは、わたしのハンドメイドに絶対欠かせないモノです。

以前はちゃんとしつけをしていたんですが、ミシンかけがヘタなのか、しつけをしていても縫いずれがおこって仕上がりが気に入らないことがよくありました。職業用ミシンや工業用ミシンなら、そんなこともないかもしれませんが、家庭用ミシンだと、押さえの圧を調節してもやっぱり縫いずれが起こりやすいのだと思うのです。

だから、これはホントに便利です。

特にKARISMA/キルト用スティックのりは、けっこう消費も早いので、何度リピートしたことか…
なくなると困るので、常にいくつかストックを置いています。
熱接着糸は、けっこう長持ちするので、まだ2つ目ですが…。

縫いずれを気にせず作れるようになり、ストレスが減りました。
(まるでメーカーの回し者みたいですね。)

ただ、いくつか難点があります。

(1)アイロンで縫い割る時。
 ●くっつけたのを、はがさなければならない。
 ●きっちり貼りあわせてしまうと、生地によってははがしたときにケバケバに。
 ●また、生地端がほどけてくることも。

(2)くっつかない生地がある。
 ●生地が厚いと熱接着糸はナカナカくっつかない。
 ●ラミネートはアイロンをかけられないのに、のりがききにくい。
 ●ファスナーなんかも付きにくいです。

あと念のため、表にひびかないように使用した方がいいと思います。
特に薄手の生地の時に熱接着糸を使用すると線が出ていることもあるので、見える場所は注意が必要です。(私は、スチーム、霧吹きなしで使用しています。)

熱接着糸は、生地にそのまま直接挟み込んでアイロンをかけることが多いですが、
少し収縮があるので、先にランニングステッチをした方が、カーブなんかはよりキレイに仕上がりました。
貼り付ける面の糸を長くして、アイロンが直接あたる面は、なるべく短くステッチをしています。
もちろんキセなしもキレイにできます。

やったことはありませんが、ミシンでも使用できるみたいですね。
ギャザー寄せで使ったら、後で糸を抜かずにすみそう。うまくいくかなぁ。

また当たり前ですが、のりはバイアスになっていると付けるとき伸びやすいので、ていねいにつけています。こちらの方がお手軽なので、使用頻度は高いです。でも、のりの場合も塗ったあとアイロンをかけるとより貼りつきやすいかな。

私は入手しやすいので、この2つを使っていますが、おそらく他のメーカーさんからも出ていそうですね。
道具の話
web拍手 by FC2
編みものこものより「女の子のためのセット/帽子」

編み図
編みものこもの / 三國万里子 / 文化出版局
「女の子のためのセット/帽子」より


ソフトメリノ中細[毛100% 中細 ] / 毛糸ピエロ

感想
母が編んだのを参考に撮らせてもらいました。
私もそのうち編もうと思ってたのに、先を越された…。

見た目(色味)は、ほとんど本のままですね。
配色の参考には全然ならない。

ただ、並太指定の編み図を、中細で編んであります。
薄手でふんわりした仕上がりにしたいと中細にしたようですね。
でも手がゆるいのか、なぜか指定のサイズに編みあがってましたよ。笑。
普段は手がきつく、たいてい小さく編みあがる人なので、とっても不思議です。
(目数も変えていないそうです。)

花の刺しゅうのところが、簡単そうで、意外とキレイにならないと言ってました。
横移動で刺していくと柄が「ゆがむ」らしく、縦に刺していくといいそうです。
本の編み図から「編む」
web拍手 by FC2
かわいくてちゃんと作れるbagの本より「ななめがけバッグ」

パターン
かわいくてちゃんと作れるbagの本 / 雄鶏社
※図書館で借りました。雄鶏社の本は購入が難しいかもしれないので、古書か、図書館で探してみてください。

素材
牛革:神戸リザード
リネンテープ:Rollo Stock
ボタン:Rollo 神戸店
角カン・内布用コットン:ユザワヤ

感想
かわいい、と思います。
難しいところは、ポケットかな。ガイドがなくて、付ける位置の調整が難しかった。
ホントはあったのかなぁ。見落としたのでしょうか。

かわいくてちゃんと作れるbagの本より「ななめがけバッグ」

ストラップの根元には、リネンのテープを巻いて隠しています。
ポケットにはボタンを、フラップにはループをつけて、留められるようにしています。
牛革だったので、縫い代や手順は適当にアレンジしました。

入れ口は、「使うと自然に閉じる」と本には書いてありましたが、たくさんものを入れると閉じなかったので、後で、ちっちゃなフラップをつけてマグホックで留められるようにしました。(マグホックより少し幅をつけて細長くカットした牛革テープを金具の裏側が見えないように半分に折って縫い付けました。)
本のパターンから「縫う」
web拍手 by FC2
 | HOME | Next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。